カフェイン中毒

カップに注ぐお湯
一度に多くのカフェインを摂取すると、(急性)カフェイン中毒が起こる可能性があります。一般的な成人で、6.5mg/kg以上のカフェインを60分以内に摂取すると50%の人がカフェイン中毒を起こすとされています。
カフェイン中毒の症状には、緊張や不安、落ち着きがなくなるなどの精神症状や、吐き気・嘔吐・胃痛などの身体症状があります。
また、カフェイン中毒には慢性中毒もあります。お酒やタバコ、薬物などの依存症とは異なります。カフェインを繰り返し摂取し続けた場合に起こるとされています。

  • 食品(飲料)名 カフェインの多い食品と含有量(100ml中)

  • コーヒー60mg
  • インスタントコーヒー57mg
  • 紅茶30mg
  • 煎茶20mg
  • ガラナ45ml (500mlペットボトル1本)

お茶にはカフェインが多く含まれていますが、お茶に含まれているカフェインはタンニンと結合するため、カフェインの効果は抑制されます。

利尿作用

白いカップに入ったコーヒー
利尿作用(利尿効果)とは、排尿量を多くする作用のこと。
パセリやコーヒーなど、カリウムやカフェインがたくさん含まれている飲食物には、強力な利尿作用があります。
利尿作用で排尿量が多くなると、むくみが解消されるほか、デトックスの効果で、健康増進や新陳代謝アップによる痩せ体質を手に入れることができます。
高血圧のリスクを上げる原因の1つに、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎがあります。 カリウムを摂ると、余分なナトリウムが尿と一緒に体の外に排出されるので、高血圧を予防が期待できます。

カフェイン飲料から利尿効果を得ようとする場合は、カフェインのもつ覚醒・興奮作用があり、摂り過ぎると落ち着かない気分になったり、安眠できなくなったりする恐れがありますので、適量(3~4杯/日)を目安にすることが大切です。(カフェインは、めまい、興奮、不安、不眠症、下痢、吐き気などの急性作用を及ぼす可能性があります。)